予約から健康診断までの流れ


春になると健康診断の季節だと思う今日この頃です。会社で一括して予約してくれるので、自分は当日受けに病院に行くだけ、という人も多いでしょうが、学生や主婦の方など、自分で健康診断の手配をしなければならない方には少し億劫ですよね。そう思っているうちに一年が過ぎてしまい、結局受けれていないという状態は非常に危険です。少なくとも1年に一度、出来れば半年に一度は自分の健康状態をきっちりと調べて記録しておくべきです。
まず、健康診断の予約方法についてですが、自分が入っている保険で一部負担してくれる場合は、対象となる病院を探す必要があります。健康保険組合から年に1度お知らせが来るので、そのパンフレットに載っている病院で、自宅に近いところや、口コミのよいところを選ぶといいでしょう。また、すべて自費で受ける場合にも、最近ではインターネット予約やグループ購入などにより、正規の値段よりかなりお得に受けることが出来る場合がありますので、病院が決まっていれば調べてみることをお勧めします。
次に健康診断の流れですが、電話やインターネットによって指定された日時に病院の窓口に行き、問診表を受けとります。このとき問診表に記入した順番で受診の順番が決まりますので、出来れば指定された時間より15分ほど早く行き、記入を出来るだけ早く済ませることがスムーズに健康診断を受けるコツだと思います。また、既往症がある場合は、あらかじめどのような症状がいつから続いているかはっきりと答えられるように、お薬手帳などを確認しておくと性格に診断してもらえます。
結果は担当医師から後日受けることになりますが、日ごろから不安に思っていることなど、メモして持っていくことをお勧めします。